霊的情報館 霊をさぐる 掲示板

5341
PC版 霊をさぐるからのお知らせ - イクラマン
2015/07/25 (Sat) 08:45:54

これまで休止になっておりました当HPの一般向け霊査、霊相談は終了となりました。
PC版 霊をさぐるからのお知らせ - イクラマン
2014/12/23 (Tue) 07:47:49
年末年始は会員の方の霊査・霊相談・霊術もお休みになります。
PC版 霊をさぐるからのお知らせ - イクラマン
2014/12/07 (Sun) 19:16:08
当HP(PC版 霊をさぐる)の霊査、霊相談、霊術は休止することになりました。
ただし、契山館の会員、そして、その紹介者の方に関しましては継続します。

http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/sub20.htm
水波霊魂学 公開講座のご案内 - イクラマン
2014/10/27 (Mon) 18:42:17
霊的な分野に興味をお持ちの方なら、どなたでもご参加頂けます。ご友人等とご一緒の参加も歓迎致します。


日   時:平成26年11月16日(日)
         午後1時半〜午後4時半頃(途中退出可)

場   所:埼玉県さいたま市大宮区仲町二丁目60番地
         仲町川鍋ビル 万代会議室8階

参 加 費: 無料。(追加費用等は一切有りません)

内    容: 第1回 水波霊魂学 無料公開講座
           
    〜霊的身体と死後の世界の話〜

・人間の体は、肉体だけで成り立っているわけではないこと
・死んだら、消えて無くなってしまうのではないこと
・幽体の健全さにより、死後どんな世界に行くか決まること
・幽体は地上にいる間に、鍛えることができること

注)今回は水波師は出席されません。初心者向けの内容で、水波師の弟子が 講師を務めます。 契山館広報部が、自主的に開催する講演会です。

詳細は下記のページをご参照下さい。
http://reikons.tear.jp/kouza/
PC版霊をさぐるからのお知らせ - イクラマン
2014/08/04 (Mon) 19:19:15
お盆の期間、8月13日~17日は、このHPは休みになります。

霊的調査、霊相談等は受け付けられませんので、ご了承ください。

なお、メールにつきましては、届きますが、返信は18日以降に
なる見込みです。
霊をさぐる掲示板よりのお知らせ - イクラマン
2014/04/28 (Mon) 18:07:27

投稿者:と金様
投稿日:2014年 4月28日(月)

5月3日~6日は霊的調査、霊相談等はお休みになります。

2日に申込みが届き、かつ、入金確認ができたものにつきましては
7日以降になる見込みです。

無題 - けんた
2014/03/18 (Tue) 19:04:36
「霊魂小説・ムーの大神人」読みました。
でも、自分の疑問の答えはありませんでした、

再生については理解が困難で複雑だと言うこと以外。

霊魂は、
霊界の正の世界、邪の世界を問わず、あるアルゴリズムで
霊魂が選定されて生まれてくるものなのでしょうか。

つまり、比較的よい霊界にいるから再生できるわけではなく、
良くない世界、つまり幽界下層の極悪世界からも再生が
発生し、「いたずらをしたい」「自分の邪魔者を消したい」
「人を殺したい」と思っている霊魂も、再生の機会が与え
られているのではないのかな。
だから明らかに異常な心理状態を維持しながら人間として
再生していると思える存在が間断なくいろいろな事件を起こし、法的に処置されるか、罪を逃れて生きながらえているか、と
言った現実世界が浮き彫りになるのですが、どう思いますか?

神の元では自由である以上、正邪問わず再生が発生する
からとんでもない邪悪な人間が常に世界の悲しみや悲嘆を
生み出す要素になっているのではないか?
と思いますが、いかがでしょうか。
Re: 無題 - イクラマン
2014/03/18 (Tue) 19:08:05
「ムーの大神人」(現在販売中止中)は、人類の誕生という高度な内容が含まれておりますね。

あくまで「霊をさぐる」は、初心者向けの内容ですので、この掲示板においても難解な事柄や会員向けの内容には言及致しませんので、ご理解下さい。

「霊をさぐる」からの内容を抜粋して説明させて頂きますと、人がこの世に生まれるのは、幽界という死後の世界の意志というより、人間が生殖することにより新たな生命が誕生しています。

肉体の誕生と同時に、幽界の霊魂の幽体の一部が再生しています。
肉体と幽体の関わりについては、新刊「幽体の悲劇」が参考になります。

人は修行のために生まれて来るとおっしゃる方もいますが、霊魂学とは異なる見解です。
修行しようとしまいと、人間の自由です。

未熟な部分を持つ魂だからこそ、地上に引き付けられてしまうのであって、どう生きようと自由なのですが、人間が霊的に進歩・向上したいのであれば、未熟な霊的カルマの解消がテーマとなるでしょう。

この「霊をさぐる」でも、たびたび記されていますが、死後行く世界は、幽体という霊的身体の質や状態により決まります。
下層の幽界にいる霊魂が悪人ばかりではなく、ごく普通に生きた人でも、幽体の質によっては下層に入ることも考えられます。
自分の幽体がどの世界に馴染みやすいかだけなのです。

霊的カルマというものは、個々に異なりますので、とても複雑です。
それは人類の歴史を振り返ればわかる様に、常に人と人とが対立し争いとなり、大きくなれば戦争に発展し、命のやり取りが行われます。

殺した側にいたかもしれないし、殺された側だった場合もあるでしょうし、両方持っているかもしれません。
こうしたものが深い傷となって、誰しも心の奥にある可能性があります。
単純に、犯罪を犯した人が皆、低い世界から生まれて来ているとも限らないのです。

衝動にかられて、行動に拍車がかかってしまうことは、大なり小なり誰でもあると思います。
この世に生まれて来る人は、特別な例外を除き、皆未熟な魂です。
もちろん、良い部分もあるでしょうから、そうした部分を生かすことが大事ではないかと思います。

日本人は、仏教思想の影響もあり、善悪を基準に霊的世界を当てはめてしまいます。

死後行く世界は、幽体がどの世界に馴染めるかです。
地上における善悪を基準と考えてしまうと、混乱してしまいます。